カードローン借り換えでおすすめはどこ?

カードローン借り換えでおすすめはどこ?

カードローン借り換えでおすすめはどこ?

借り換えローンの案内人イラスト

カードローン借り換えをご存じですか?借り換えとは、低金利のカードローンを借りて、金利が高いローンを完済(解約)することを言います。

 

借り換えすることによって、金利が低くなり、それに伴って毎月の利息が減少することになります。利息が減少するということは、月々の返済も減少する可能性があり、例えば今50万円を18%で借りて、毎月2万円の返済の場合、15%で借り換えすることによって、返済は月/10,000円に下がるケースもあるということです。

 

これが借り換えローンの大きな特徴です。低金利への借り換えになりますので、審査は決して甘くはありませんが、大きなメリットが出ますので、1社からの借り換えはもちろん、2社〜3社の借り換え(おまとめ)をすることによって、返済がかなり楽になるのです。

借り換えローンとおまとめローンは何が違うのか?

借り換えローンとおまとめローンの違いが分からない人が多いようですが、どちらも一緒と考えてもらって結構です。

 

1社のみを借り換えるのを借り換えローンと呼ばれており、2社以上を借り換えて、まとめることをおまとめローンと呼ばれています。2つとも、ローンを借りて完済することには変わりありませんので、同一の商品と言えるのです。

 

ただ、イメージ的にはおまとめローンの方が審査が厳しいと思っている人が多そうですが、基本的にどちらも審査は厳しいです。

 

特におまとめローンは融資金額が大きくなりがちですので、それだけ厳しい目で審査をされるのは当然だと思います。借り換えローンに関しても今のローンよりも低金利での融資となりますので、それだけきちんと信用がある人でなければ借り換え自体が難しいと思ってください。

消費者金融から消費者金融の借り換えは意味がない?

消費者金融から消費者金融へ借り換えしたいと言っている人がいますが、消費者金融どうしの借り換えはあまり意味がありません。

 

なぜ意味が無いのかと言えば、消費者金融はほとんどが金利18.0%となっているので、借り換えしても金利が下がらないからです。例えばアコムで50万円借りていて、モビットに借り換えたとしましょう。しかし、アコムもモビットも金利は18.0%なので何も変わりません。

 

月々の最低支払金額は消費者金融によって違いがあるので、毎月の返済額を下げたい理由で借り換えするのは有りです。

 

ちなみに、プロミスは50万円借りていた場合、月の最低返済金額は13,000円です。アコムは15,000円、モビットは13,000円になっています。なので、アコムからプロミスに借り換えれば月の最低返済金額は2,000円下がります。

 

尚且つ、アコムは18.0%の金利に対して、プロミスは17.8%なので、若干ですが金利も下がるので、借り換えしても良いのですが、17.8%と18.0%の金利はほとんど同じと考えましょう。なので利息は対して下がらないのです。

 

消費者金融から借り換えするなら、やはり第一は銀行カードローンにするべきです。消費者金融が18.0%の金利に対して、銀行カードローンは15.0%以下の金利がほとんどです。

 

やはり借り換えするならば、少なくとも3%程度の金利差が無ければ、利息の軽減を体感するのは難しいでしょう。

 

消費者金融から借り換えおすすめランキング⇒

30日間無利息を目的とした借り換えは有り?

30日間無利息画像

消費者金融から消費者金融への借り換えは、あまりおすすめしないと言ったのですが、無利息を目的とする借り換えはしても良いでしょう。

 

プロミス・アコム・アイフル・レイクALSAは新規契約の人は30日間の無利息サービスがあります(レイクALSAは借入5万円まで180日間無利息か借入の全額を30日間無利息か、どちらか選べます)。

 

なので、例えばアコムで30日間無利息で借り、30日目でプロミスへ借り換えすれば、プロミスも30日間無利息なので合計60日間無利息になります。

 

その後、アイフルへ借り換えすれば合計90日間無利息になるのです。この方法のメリットは利息を払わなくて良いことですが、デメリットは新たに申込するのが手間になることです。

 

しかし、1円たりとも利息を払いたくない!と思っている人にはおすすめです。


現在ではカードローンの申込のできる自動契約機を設置している金融業者が増えていますが、自動契約機のさきがけはアコムの自動契約機(むじんくん)です。

 

アコムでは事前にインターネットから申し込んで仮審査を受け、自動契約機で本審査、カード発行という方法を採ることができます。自動契約機は専用の個室に設置してあるので、周りから見られることはありませんし、手続きはすべてアナウンス通りに行えばいいので、まごつくこともありません。

 

アコムのカードローンにインターネットから申し込む場合は、ホームページにある「今すぐお申し込み」ボタンをクリックします。

 

表示された画面で、「お客さま情報」、「ご自宅情報」、「お勤め先情報」、「他社お借入れ状況について」、「希望極度額について」、「連絡先について」、「振込口座について」という各項目に入力し、次の確認画面で間違いが無ければ送信します。

 

送信後、10分前後でアコムから電話が入りますが、アコムではなく、担当者名で掛かってきます。生年月日を聞かれた後、仮審査に通ったことを告げられます。仮審査に通れば自動契約機で本審査、カード発行の手続きができます。なお、アコムでは本審査の過程で在籍確認、本人確認書類の提出があります。

 

自動契約機(むじんくん)での手続きの流れ

自動契約機での手続きは以下のようになります。
始めに、借入専用カードかショッピング兼用カードのどちらにするかを選択すると、自動契約機から手続きの手順の案内があります。

・最初の画面では何種類かの本人確認書類のボタンが並んでいるので、何を持参したのかを選択します。
・生年月日を入力します。
(申込用紙が発行されます)
・申込用紙に必要事項を記入し、自動契約機の差込口に挿入します。
(この後、自動契約機から『電話で勤務先の確認を取らせて頂きます』、『確認は担当者の個人名で掛けさせて頂いております』とのアナウンスがあります。この時点で在籍確認が行われます)
・運転免許証をスキャナーに読み込ませます。
・住居の入居年月日、毎月の家賃を入力します。
(ここで、アコムの担当者からスピーカー越しに勤め先や借入金の使途、借入希望額、即日融資の希望などを聞かれ、その後、写真を撮られます。この時点で本審査に入ります)
・勤務先の種類、業務内容、入社年月、雇用形態、月収額、年収額、給料日、希望連絡先の順に入力していきます。
(画面が契約極度額や返済金額に関する説明に変わるので、読み進めます)
・希望の利用限度額を入力します。
(画面が切り替わってアコムの担当者が映し出され、希望連絡先、勤務先電話番号、可処分所得、雇用形態、年収などを聞かれます)
(画面は返済期日の説明に移ります)

 

一連の処理が終わると審査の結果がアナウンスされ、審査に通ると暗証番号と郵送物送付先を入力します。次に、契約内容の確認画面が表示され、契約事前説明書、AC会員申込書の発行と進み、最後にカードが発行されてきます。手続きを始めてからここまでで、ほぼ1時間程度になっています。

 

最後にアコム担当者の案内に対するアンケート画面が出て終了です。キャッシングおすすめでアコムがいつも上位にいるのは、このように会員サービスの充実が素晴らしい点だと言えます。

続きを読む≫ 2018/05/09 20:48:09

札束の画像

近年の消費者金融カードローンの借入金の金利はどこでも100万円未満は18%、100万円以上で4.5%〜15%になっています。

 

実は、過去には29.2%という膨大な金利で貸出を続けていた時期がありましたが、それが現在のような金利になった遠因は「みなし弁済」にあります。

 

そして、大手消費者金融が都市銀行の傘下に加わった理由は資金繰りの悪化による経営の行き詰まりですが、そのきっかけになったのも過払い金返還訴訟における最高裁判所によるみなし弁済の否定判決です。

 

従来、消費者向けの個人融資に対する上限金利は利息制限法の規定(貸付金額によって15%〜20%)に則らなければなりませんでしたが、消費者金融はある規定によって利息制限法を無視した金利を設定していました。その規定がみなし弁済です。

 

みなし弁済というのは、1983年の「出資法」の金利引き下げにともない、貸金業者が不利益にならないようにする政治的配慮によって規定された「貸金業規制法」の43条のことです。

 

簡単に言うと、この43条さえ満たしていれば、利息制限法を超える金利を取ることが認められた法律です。従って、消費者金融は最高裁判所でも、「みなし弁済」を盾に貸出金利の正当性を主張しました。

みなし弁済が認められる条件には以下の5つがありました。

@貸金業者としての登録を受けている。
A貸付の際に、定められた事項を記載した契約書を交付している。
B返済金を受領する際に、定められた事項を記載した受取証書を直ちに交付している。
C債務者が約定金利による利息を「認識」した上で支払っている。
D債務者が約定金利による利息を「任意」に支払っている。

裁判で主に争われたのはDの「任意」かどうかということです。任意ということは自主的にということであり、脅迫めいた取り立てや、利息制限法を超える利息が無効であることを知らずに支払った場合はみなし弁済が無効となります。債務者の多くは利息制限法のことを知らずに返済していました。

 

また、任意で支払うべき利息であるはずなのに、その利息を支払えなくなった場合には借入金の一括返済をしなければならない契約条項があることは、利息の支払いを暗黙的に強要する形になっています。

 

最高裁判所は以上のことから任意であったとは認めず、みなし弁済を否定する判決を下しました。

 

この判決によって、消費者金融は利息制限法を超える金利で受け取っていた利息の返還を余議なくされたことで、経営が悪化します。また、この判決を契機に貸金業規制法が改正され、貸出の上限金利は利息制限法に統一されます。

みなし弁済の立証の難しさ

先ほど、みなし弁済が認められる条件を説明しましたが、裁判になった場合に立証するのは非常に厳しいものです。

 

例えば、3番の「返済金を受領する際に、定められた事項を記載した受取証書を直ちに交付している。」に関していえば、返済のすべてを店舗に来店してすれば、その時に計算書兼領収証で定められた事項を記載した書面を交付することができます。

 

来店しているのであれば、その際に署名を貰えば、実際に受け取り証書を交付した証拠になります。しかしながら、消費者金融で借りている人は少なからず借金を知られたくない人ばかりで、返済の大部分はATM返済や銀行振込が一般的です。

 

その場合、ATMから返済の書面は出たとしても、それを実際に交付しているとは言えません。また、当初ATMから出る計算書には定められた事項の記載が無いと弁護士側からの主張があり、受取証書として不足していたのです。

 

銀行振込の返済に至っては、受取証書を交付できません。仮に振込返済の人に郵送で受取証書を送ってしまえば、借入を内緒にしているのに、なぜ計算書を送るんだ!とガチ切れされるでしょう。しかも、署名がなければ実際に渡した証拠にもなりませんので、自宅に計算書を郵送して、尚且つ、署名して返信してもらう必要が出てきます。

 

こんな面倒な手続きを消費者金融ができたのか?そしてその手続きは本当に利用者にとってメリットがあることなのか?これらを考えた場合、受取証書を直ちに交付することは正直不可能でした。

 

最も酷いと言われたのは、5番の「債務者が約定金利による利息を「任意」に支払っている。」です。

期限の利益があると任意での支払いとは言えない?

みなし弁済を立証させるためには、債務者が利息制限法を超える利息を「任意」に払っていることが条件になります。しかし、最高裁は消費者金融の契約条項に期限の利益を喪失した場合は、一括で返済する条項があることから、支払いは任意とは言えないと言ったのです。

 

よく考えてください。契約書で約束を守らない場合には、一括で全額返済しますというのは、ごく当たり前の常識です。それが無い契約書があるのか?と言いたいところです。

 

消費者金融で期限の利益を認めないのであれば、貸したお金は返せるときに返せばいいですよ。期限も無期限ですよと言ってるものです。そんな条件で借りられるならば、みんな借りるはずです。

 

このように、みなし弁済は最高裁によって認められませんでしたが、このような納得できない理由もあったのです。(参考サイト:カードローン審査のことならカードローンザウルス

続きを読む≫ 2018/03/13 18:24:13

パソコン情報の画像

消費者金融にキャッシングを申し込む時は必ず名前や生年月日、住所、勤務先、収入などの重要な個人情報を提供しますが、その個人情報がどのように使われるのかを気に掛けている人はあまりいません。

 

また、消費者金融は個人情報を提供してもらう時には必ず「個人情報の取り扱いについて」という文章の内容に同意することを求めていますが、入念に読んでいる人はほとんどいないのが実態です。

 

消費者金融は貸付の契約をする際には利用者の収入や信用力などを調査することが義務付けられています。当然、返済能力の無い人にお金を貸すことは法律によって禁止されています。その返済能力を調査する上で利用されるのが、指定信用情報機関に登録されているデータです。

 

消費者金融は個人に対する貸付を行った場合、指定信用情報機関に個人情報とともに、契約年月日や貸付金額、貸付残高、支払遅延などの借入記録を提供しなければなりません。

 

そして、消費者金融は借入の申込を受けた場合は指定信用情報機関にあるデータを照会することになっているため、過去に返済事故があったり、総量規制に抵触したりする場合は審査に通りません。

消費者金融側から取る同意書ってどんな内容なのか?

消費者金融は個人と金銭貸借契約を締結する際には、あらかじめ利用者に以下の同意を得ています。

  • 個人信用情報を指定信用情報機関に提供する旨の同意
  • 個人信用情報を指定信用情報機関が他の加入貸金業者に提供する旨の同意
  • 個人信用情報を他の指定信用情報機関の加入貸金業者に提供する旨の同意

ちなみに、アコムの「個人情報の取り扱いについて」では以下のようなことが記載されています。

指定信用情報機関への登録・利用

当社が加盟する指定信用情報機関(個人の支払能力・返済能力に関する情報の収集および加盟会員に対する当該情報の提供を業とするもの)および当該機関と提携する指定信用情報機関に照会し、申込人、契約者の個人情報が登録されている場合には、申込人、契約者の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを利用します。

アコムが加盟している指定信用情報機関はJICCとCICになりますので、融資の申込の際には信用情報を照会しますという内容です。あくまで照会する目的は融資の審査が大前提になりますので、延滞等の管理時に信用情報を照会するのは禁止となっています。

個人情報の利用目的

当社は、お客さまの個人情報について次の利用目的の範囲内で適正に利用いたします。

  • 法令に基づく本人確認および当社の与信判断のため
  • 当社の与信ならびに与信後の権利の保存、管理、変更および権利行使のため
  • お客さまからのお問い合わせへの対応のため
  • 当社の与信業務に係る金融商品およびサービスの販売、勧誘、媒介、取次、代理(以下「販売等」という)、広告および宣伝物の送付、送信(電子メールを含む)等のため

消費者金融へ提出した個人情報(本人確認証等を含む)はカードローン会社ごとに数年間保存された後、廃棄されます。仮に申込して断られた場合においても、その個人情報は数年間保存されます。もし気になる人は、保存期間をカードローン会社へ聞いてみることをおすすめします。

なお、利用者は個人情報保護法に基づき、消費者金融に対して個人情報の開示や訂正、削除を求めることができます。

クレジットカードの場合も個人情報の取扱は同じなのか?

消費者金融のカードローン以外にもクレジットカードからもキャッシングができます。本来、クレジットカードはショッピングでの利用なのですが、キャッシング目的でクレジットカードの即日発行をする人も多いのが現実です。

 

基本的にクレジットカードでも個人情報の取扱は同じです。クレジットカードの審査では信用情報機関は、ほとんどがCICになるぐらいで、その他はカードローン会社と同じように個人情報は数年間保管されています。

 

クレジットカードを利用中の方はできませんが、もし申込してクレジットカードが作れず、個人情報を削除して欲しい場合は、個人情報保護法に基づき情報の削除を求めましょう。

続きを読む≫ 2018/03/12 15:31:12

信用情報というのは簡単に言うと、だれが、いつ、どこから、いくら借りて、いくら返済した、という履歴のことです。現在は貸金業法による「指定信用情報機関制度」が導入されており、貸金業者から借りたお金の記録はすべて指定信用情報機関に登録されます。

 

さらに、この制度はすべての貸金業者に対して指定信用情報機関への加盟を義務付けているため、必然的に利用者の信用情報は全貸金業者の間で共有されることになります。

 

そして、利用者から借入の申込を受けると、貸金業者は必ず指定信用情報機関に利用者の信用情報を照会するシステムになっているため、信用情報の中に「傷」があると、審査に通ることがありません。

 

加えて、貸金業法には「総量規制」の規定があるため、利用者の信用情報において、年収の3分の1の額の借入契約があった場合は貸出が拒否されます。

 

なお、指定信用情報機関には利用者の住所や電話番号、勤務先、職種、年収などの個人情報も登録されているため、別の業者に申込をする時に虚偽の内容を記載してもすぐに判明し、その時点で審査からオミットされます。

 

信用情報の保管期間はどれくらい?

指定信用情報機関にはJICC(日本信用情報機構)とCICの2つがあり、両機関の間で信用情報の取り扱いに若干の違いがありますが、保管期間に大きな差はありません。

 

・個人情報:氏名や住所、勤務先、本人確認書類の番号などの個人情報は契約の継続されている限り、消去されることがありません。

 

従って、すべての業者との契約を解除しない限り、個人情報は保管され続けます。なお、誤解されている面がありますが、カードローンのような極度額方式の包括契約の場合は借入金を完済しただけでは契約が解除されません。

 

包括契約というのは完済してもまた新たに借入が自由にできる契約だからです。契約を解除したい場合は正式な解除手続きが必要です。

 

・申込情報:知らない人の多いのがこの申込情報であり、そのために「申込ブラック」という事態が生じます。

 

カードローンに申し込むと申込日や申込商品の種類などが指定信用情報機関に登録されます。申込情報の登録は審査に通らなかったとか、審査に通っただけで借入はしていない、ということは関係ありません。

 

申し込んだという事実だけで登録されます。そして、申込情報は申込日から6ケ月間保管されます。従って、この期間内に立て続けに何件ものカードローンに申し込むと、申込ブラックと言って申込自体に不信感を抱かれるため審査を受けられなくなります。

 

・事故情報:俗に言う「ブラックリスト」のことであり、延滞や債務整理のことです。延滞というのは返済期日までに約定の返済金を支払わなかったことですが、1回滞納したくらいですぐにブラックリストとして登録されることはなく、通常では3ケ月間続くと返済事故扱いになります。

 

延滞の場合は延滞が続いている限りその記録が消えることは無く、延滞が解消すると、解消日の1年後に記録が消去されます。

 

一方、債務整理というのは借入金や利息の返済を免除したり、金額を削減したりすることです。債務整理の場合は債務整理の発生した日から5年間が保管期間になります。

 

なお、事故情報には他にも、利用者の滞納に起因する保証会社の保証業務の履行や、利用者の契約違反などを起因とする強制解約などがあります。

 

当然、指定信用情報機関に事故情報の記録が残っている間はその利用者は一切の借入が不能となります。

 

また、指定信用情報機関と銀行業界の信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター)は事故情報の相互交流を図っているため、消費者金融で借入のできない人が銀行から借入ができるということはありえません。

 

信用情報については、直接借入しているカードローン会社へ問い合わすのも一つの方法です。消費者金融であれば自動契約機などの無人店舗でも受付が可能となっています。プロミスなら名古屋周辺に多くの自動契約機がありますので、近い人は行って問い合わせした方が詳しく教えてくれるでしょう。

続きを読む≫ 2016/07/13 16:50:13

在籍確認NGだった男性イラスト

在籍確認とは、カードローン審査では最後の門番と言われています。

 

その由来は、在籍確認の審査を通過すれば、ほぼ審査は通ったのと同じなのですが、この在籍確認で意外に否決になる可能性も高いことから最後の門番と言われているのです。

 

もうすぐそこに融資可決の道があるのに、最後の最後の敵が非常に強いイメージです。ドラクエで言えば、ボス的な存在なのでしょう。

 

そんな在籍確認の審査ですが、重要なのは勤務先への在籍確認です。会社に個人名で電話がかかってきますので、本人が出れば100%成功なのですが、外出中で在籍確認の電話に出られなくても、電話に出た勤務先の上司や事務員などの誰かが今は不在ですとお伝えすれば在籍確認は完了します。

 

在籍確認が無事に完了すれば審査に受かったようなものです。審査に受かった後は契約を結び、契約が完了したら後日カードがご自宅にお届けされご利用スタートとなります。

 

カードローンによってはカードが届けられる前に銀行口座に振込してくれる場合があり、即日融資を受けたいときにも便利です。

カードローン審査は通らなくてもその理由は絶対に教えてはくれません!

もし審査に落ちてしまってもその理由を聞いても教えてくれることはありません。

 

落ちてしまった原因は、ホームページのお申し込みページでの入力ミス、他社からの借入額の多さや借入件数の多さなどいろいろな理由が考えられますがそれをいちいち顧客に教えていれば時間のロスと作業効率が悪くなってしまうこと、そしてなにより、落ちた原因を教えることでクレームに繋がる場合もあるからです。

 

入力ミスで審査に落ちてしまうのは勿体ないので、きちんとミスが無いか確認してから送信を行うようにしてください。

 

他社からの借入額や借入件数が多い場合は、返済を進ませたりおまとめローンにまとめたり、借入額や借入件数を減らしてからお申し込みされると良いです。

 

もし他社からの借入額や借入件数を少なく申告して審査に通りやすくしようとしても、その情報が信用情報機関に記録されているのですぐにバレてしまいます。

 

ネット上ではオリックス銀行カードローンが審査で人気のようですが、口コミ評判を見ると、審査は比較的厳しくはないみたいです。

続きを読む≫ 2014/10/09 18:00:09

楽天銀行カードローンのオペレーターイラスト

楽天銀行カードローンは、定期返済日は1日、12日、20日、27日の中から利用者が選択でき(27日は楽天銀行の口座所有者のみ)、指定した銀行口座からの引き落としが利用できます。

 

そして、口座引き落としやインターネット返済の他、ほとんどのコンビニATMからの入金も可能であり、ATMの手数料は無料になっています。

 

楽天銀行のメンバーズデスクの活用法は他にも色々あり、「利用限度額増額の申込」、「取引内容の照会」、「登録内容の変更手続き」、「返済シミュレーション」などができます。特に利用頻度の高いのが取引内容の照会です。

 

スーパーローンでは利用明細書が自宅に郵送されず、電子データによる管理になっているため、すべてメンバーズデスクで確認することになります。そのため、メンバーズデスクではいつでもカードの残高や取引明細、請求内容が確認できるようになっています。

 

ところで、スーパーローンの貸出金利は4.9%〜14.5%であり、都市銀行と同等の金利になっています。

 

また、仕事をしていれば学生でも申し込めますし、専業主婦でも50万円までの借入が可能です。ただ、スーパーローンの難点と言えるのが、審査結果に日数の掛かることが多いため、即日融資を受けることができないことです。それと、申込方法がインターネットしかないため、不慣れな人には向いていません。

 

楽天銀行で借り換えするメリットとしてはやはり金利が消費者金融よりも断然に低いことが挙げられます。最高金利でも14.5%になっているので、100万円未満の借り換えであれば、大きく金利を引き下げることができるのです。

 

逆に100万円以上の借り換えならば、消費者金融でも金利は15%以下になることから、楽天銀行が14.5%の審査結果だった場合は、あまりメリットを感じられないかもしれません。

 

 

続きを読む≫ 2014/09/17 16:50:17

消費者金融で借りている人が借り換えするならば、銀行カードローンがおすすめです。

100万円未満の消費者金融と銀行カードローンの金利比較

消費者金融

銀行カードローン

17.0%〜18.0%

10.0%〜18.0%

仮に50万円を消費者金融で借りている場合、モビットやアコムでは18.0%の金利です。プロミスで17.8%となっており、全てと言って良いほど消費者金融は50万円の限度額の時は上限金利が適用となっています。

 

しかし、銀行カードローンであれば、50万円でも金利15%や、12%台のローンもあるのです。借入する時は上限金利を見ることが重要なポイントとなります。下記に銀行カードローンの金利を書いておきます。

銀行カードローンの金利一覧
みずほ銀行カードローン 金利年4.0%〜14.0%
イオン銀行カードローン 金利3.8%〜13.8%
三菱UFJ銀行 金利4.6%〜14.6%
楽天銀行カードローン 金利1.9%〜14.5%

銀行カードローンは断然に低金利!

銀行カードローンを説明する男性イラスト

消費者金融から借り換えするのに銀行カードローンがおすすめなのは、圧倒的に銀行カードローンの方が金利が安いからです。

 

尚且つ、限度額も高く、借入額ごとによって金利設定がありますので、おまとめローンや借り換えローンなどで、自分がいくら借りた場合、どれぐらいの金利になるのかが、借入前から分かるのです。

 

消費者金融から借り換えで人気なのは、みずほ銀行カードローンです。上限金利は銀行カードローンの中でもトップクラスに低く、借り換えに対して融資を行っている傾向が強くあります。実際にみずほ銀行カードローンの利用者の中には消費者金融からの借り換えの人も多くいます。

 

それだけ、融資していることは、銀行イメージの審査が極端に厳しいというわけではありません。自分では銀行ローンは審査が通らないと思っている人でも、みずほ銀行カードローンの審査には一度申込みしてみることをおすすめいたします。

 

消費者金融から借り換えするならここがおすすめ!

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンキャプチャ画像

金 利

限度額

審査時間

専業主婦

1.7%〜17.8%

最高800万円

公式HP参照

不可

クレジットカードなどのリボ払いをしている人は、オリックス銀行カードローンへ借り換えすることをおすすめします。リボ払いの金利は17%~18%になってる場合がほとんどです。

 

オリックス銀行なら100万円未満は12.0%~17.8%、100万円~150万円以下で6.0%~14.8%の金利になっていますので審査次第ではかなりの金利を引き下げることも可能です!

 

また、終日提携ATM手数料が無料なのも大きなメリットです。コンビニ提携ATMはもちろん、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、ゆうちょ銀行、西日本シティ銀行も手数料は0円!全国99,000台以上の提携ATMはカードローン最大級になっています。
※オリックス銀行カードローンはカードローンの借り換えは不可です。

オリックス銀行の金利

100万円未満

100万円以上150万円以下

150万円超200万円以下

200万円超300万円以下

12.0%~17.8%

6.0%~14.8%

5.0%~12.8%

5.0%~12.8%

300万円超400万円以下

400万円超500万円以下

500万円超700万円以下

800万円

4.5%~8.8%

4.5%~8.8%

3.5%~5.8%

1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローン

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンキャプチヤ

金 利

限度額

審査時間

専業主婦

2.0%〜14.0%

最高800万円

公式HP参照

※みずほ銀行カードローンの適用金利は契約極度額に応じて異なります。
※みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人は、さらに0.5%金利引下げがあります。

銀行カードローンへ借り換えするなら、みずほ銀行は候補に入れておきたい1枚です。特徴は上限金利14.0%と、消費者金融よりも通常金利で約4%も安くなっている点です。

 

また、限度額は最高800万円のため、大口の借り換えでも問題ありません!注意点として、みずほ銀行で借りる場合には、みずほ銀行の普通預金口座が必要になりますので、口座が無い人は開設手続きをしなければなりません。

 

口座を持っていない場合、最短即日融資ができないので、すぐにでも借りたい人は口座開設不要の銀行カードローンの方がおすすめかもしれません。

みずほ銀行の金利

10万円以上100万円未満

100万円以上200万円未満

200万円以上300万円未満

300万円以上400万円未満

年14.0%

年12.0%

年9.0%

年7.0%

400万円以上500万円未満

500万円以上600万円未満

600万円以上800万円未満

800万円

年6.0%

年5.0%

年4.5%

年2.0%

※住宅ローン利用中の方は、上記の基準金利から年0.5%の引き下げがあります。

>>みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら<<

 

アコム

金 利

限度額

審査時間

専業主婦

3.0%〜18.0%

最高800万円

最短30分

不可

アコムは新規申込の場合、契約日から30日間無利息になりますので、アコムへ借り換えることによって、30日間分の利息が無料になります!

 

そしてアコムはカードローンでNo.1とも言える審査スピードがあり、銀行カードローンと比べると断然早く借りることが可能です。今は銀行カードローンは即日融資ができなくなったことから、再び消費者金融への需要が高まっています。

 

無利息がある消費者金融であれば3ヶ月以内しか借入しない場合、銀行カードローンよりも支払利息は少なくなる場合があります。

 

このことから、必ずしも借り換えするなら銀行カードローンでなくても良いのです。どれくらいの期間を利用するかによって消費者金融か銀行カードローンかを選択するべきでしょう。

 

>>アコム公式サイトはこちら<<

 

SMBCモビット

金 利

限度額

審査時間

専業主婦

3.0%〜18.0%

最高800万円

※最短即日

不可

モビットは消費者金融ですが銀行カードローン並みの高限度額と、金利3.0%~18.0%によって、借り換えとしても利用することができます。

 

モビットの特徴イラスト

借り換えローンという商品はありませんが、消費者金融社以上借りれるならば、モビットでまとめることによって、100万円以上なら金利15.0%に下がりますので、実質的に利息が下がります。

 

銀行カードローンと比べると金利は高いのですが、提携ATMの多さと会員専用サービスはインターネットでも口コミ評判が高いです。

 

モビットのWEB完結なら、カードレスに対応していますので、電話連絡や自宅への郵送物が一切無しで借りることができます。内緒に借り換えしたいならモビットがおすすめです。

 

>>SMBCモビット公式サイトはこちら<<

 

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンキャプチヤ

金 利

限度額

審査時間

専業主婦

1.7%〜14.8%

最高800万円

最短即日

利用可

消費者金融から銀行への借り換えで、口コミ評判が高いのは、千葉銀行カードローンです。千葉銀行は地銀ながら、スペックはメガバンクと同等かそれ以上になっており、申込可能地域の方なら是非見てもらいたいカードローンになっています。

 

千葉銀行カードローン特徴画像

メガバンクの三菱東京UFJ銀行や、みずほ銀行、三井住友銀行のカードローンと比較すると、地銀だからあまり良くないんでしょ?と考えがちですが、はっきり言って、メガバンクよりもスペックは高いです!!しかも、多くの人がそのことを知らずにいます。

 

まず、金利ですが、年1.7%〜14.8は、メガバンクと同じ低金利になっており、そして、最短即日融資が可能な銀行カードローンはあまり多くない中、地銀の千葉銀行は、最短即日融資が可能であり、しかも、専業主婦でも申込が可能なのです!

 

もちろん、他行や消費者金融からの借り換え・おまとめローンも対応可能!全ての人におすすめできる注目の銀行カードローンです。

メガバンク並みの低金利!千葉銀行の金利

800万円

660万円以上790万円以下

510万円以上650万円以下

410万円以上500万円以下

年1.7%

年3.5%

年4.0%

年4.3%

350万円以上400万円以下

300万円以上340万円以下

100万円以上290万円以下

100万円未満

年5.5%

年6.0%~12.0%

年9.0%~12.0%

年14.8%

千葉銀行カードローンの申込対象者は、千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川県(横浜市・川崎市)に在住または勤務先がある方となっています。

>>千葉銀行カードローン公式サイトはこちら<<

続きを読む≫ 2014/07/17 14:37:17

疑問の女性

カードローン借り換えで即日融資ができるのか?これについては、できる場合とできない場合に分かれます。

 

例えば、銀行カードローンをフリーローンとして借りて、消費者金融などのローンを借り換えする場合、借入先の銀行カードローンが即日融資可能であれば、利用目的が借り換えでも即日借入は可能となっています。

 

逆に、消費者金融の借り換え専用ローンの場合、通常即日融資は難しいでしょう。

 

消費者金融の専用ローンは、慎重な審査をしており、収入証明書などの提出も求められるケースが多いです。そして借り換えローンは、あくまで借り換え目的として審査をしており、即日融資を対象としたフリーローンとは主旨が違うからです。

消費者金融でもフリーローンなら即日融資が可能!

結論的にまとめると、自分自身の借入金額によって、即日融資が可能かどうか分かれます。年収400万円の人で、1件50万円しか借入が無いのであれば、総量規制の1/3までまだ余裕がありますので、消費者金融でも銀行カードローンでも、フリーローンで借りることができます。

 

他の消費者金融で60万円借りて、50万円のローンを完済すれば借り換えとなるのですから。60万円を借りる時も、60万+50万=110万円で、年収400万円の人の総量規制限界金額120万円以内なので、消費者金融からでもフリーローンとして借りることができます。

 

しかし、これが年収350万円の人の場合は、総量規制を超えることになるので、消費者金融から借りるならば、借り換えやおまとめの専用ローン(総量規制例外貸付)で借りなければなりません。

 

専用ローンだと、基本的に即日融資はできないのです。総量規制を超える金額で即日融資希望であれば、総量規制対象外の銀行カードローンで借りなければ、即日融資はできないことになります。

 

 

続きを読む≫ 2014/07/17 13:34:17

女性の画像

カードローン借り換え審査で必要になるものを説明します。まずは、本人確認書類。これは借り換えではなくても、ローンを組む時には必ず必要となります。

 

本人確認書類は、運転免許証・健康保険証・パスポートなどがありますが、最も良いのは運転免許証です。健康保険証は顔写真が入っていない為、カードローン審査時には不利になる場合があります。

 

運転免許証と健康保険証の2つを提示すれば完璧と言えるでしょう。社会保険証の場合は、それを見ることで、勤務している証拠となり、社会保険証の資格取得年月日より、勤続年数も分かることになります。

 

一方パスポートは顔写真が入っており、本人確認書類として利用することは可能ですが、一般的な心証からすれば、免許証の方が良いでしょう。

収入証明書はできるだけ用意しておくこと

借り換え審査の場合によく提出を求められるのは収入証明書です。収入証明書とは源泉徴収票や確定申告書などになりますが、サラリーマンの人なら給料明細書2カ月分(直近に限る)でも収入証明書として認められています。

 

 

続きを読む≫ 2014/07/16 23:26:16

ホーム RSS購読 サイトマップ