消費者金融に提出する個人情報の使われ方はどうなってるの?

消費者金融に提出する個人情報の使われ方はどうなってるの?

消費者金融に提出する個人情報の使われ方

パソコン情報の画像

消費者金融にキャッシングを申し込む時は必ず名前や生年月日、住所、勤務先、収入などの重要な個人情報を提供しますが、その個人情報がどのように使われるのかを気に掛けている人はあまりいません。

 

また、消費者金融は個人情報を提供してもらう時には必ず「個人情報の取り扱いについて」という文章の内容に同意することを求めていますが、入念に読んでいる人はほとんどいないのが実態です。

 

消費者金融は貸付の契約をする際には利用者の収入や信用力などを調査することが義務付けられています。当然、返済能力の無い人にお金を貸すことは法律によって禁止されています。その返済能力を調査する上で利用されるのが、指定信用情報機関に登録されているデータです。

 

消費者金融は個人に対する貸付を行った場合、指定信用情報機関に個人情報とともに、契約年月日や貸付金額、貸付残高、支払遅延などの借入記録を提供しなければなりません。

 

そして、消費者金融は借入の申込を受けた場合は指定信用情報機関にあるデータを照会することになっているため、過去に返済事故があったり、総量規制に抵触したりする場合は審査に通りません。

消費者金融側から取る同意書ってどんな内容なのか?

消費者金融は個人と金銭貸借契約を締結する際には、あらかじめ利用者に以下の同意を得ています。

  • 個人信用情報を指定信用情報機関に提供する旨の同意
  • 個人信用情報を指定信用情報機関が他の加入貸金業者に提供する旨の同意
  • 個人信用情報を他の指定信用情報機関の加入貸金業者に提供する旨の同意

ちなみに、アコムの「個人情報の取り扱いについて」では以下のようなことが記載されています。

指定信用情報機関への登録・利用

当社が加盟する指定信用情報機関(個人の支払能力・返済能力に関する情報の収集および加盟会員に対する当該情報の提供を業とするもの)および当該機関と提携する指定信用情報機関に照会し、申込人、契約者の個人情報が登録されている場合には、申込人、契約者の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを利用します。

アコムが加盟している指定信用情報機関はJICCとCICになりますので、融資の申込の際には信用情報を照会しますという内容です。あくまで照会する目的は融資の審査が大前提になりますので、延滞等の管理時に信用情報を照会するのは禁止となっています。

個人情報の利用目的

当社は、お客さまの個人情報について次の利用目的の範囲内で適正に利用いたします。

  • 法令に基づく本人確認および当社の与信判断のため
  • 当社の与信ならびに与信後の権利の保存、管理、変更および権利行使のため
  • お客さまからのお問い合わせへの対応のため
  • 当社の与信業務に係る金融商品およびサービスの販売、勧誘、媒介、取次、代理(以下「販売等」という)、広告および宣伝物の送付、送信(電子メールを含む)等のため

消費者金融へ提出した個人情報(本人確認証等を含む)はカードローン会社ごとに数年間保存された後、廃棄されます。仮に申込して断られた場合においても、その個人情報は数年間保存されます。もし気になる人は、保存期間をカードローン会社へ聞いてみることをおすすめします。

なお、利用者は個人情報保護法に基づき、消費者金融に対して個人情報の開示や訂正、削除を求めることができます。

クレジットカードの場合も個人情報の取扱は同じなのか?

消費者金融のカードローン以外にもクレジットカードからもキャッシングができます。本来、クレジットカードはショッピングでの利用なのですが、キャッシング目的でクレジットカードの即日発行をする人も多いのが現実です。

 

基本的にクレジットカードでも個人情報の取扱は同じです。クレジットカードの審査では信用情報機関は、ほとんどがCICになるぐらいで、その他はカードローン会社と同じように個人情報は数年間保管されています。

 

クレジットカードを利用中の方はできませんが、もし申込してクレジットカードが作れず、個人情報を削除して欲しい場合は、個人情報保護法に基づき情報の削除を求めましょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ