消費者金融カードローンの審査における信用情報の影響

消費者金融カードローンの審査における信用情報の影響

消費者金融カードローンの審査における信用情報の影響

信用情報というのは簡単に言うと、だれが、いつ、どこから、いくら借りて、いくら返済した、という履歴のことです。現在は貸金業法による「指定信用情報機関制度」が導入されており、貸金業者から借りたお金の記録はすべて指定信用情報機関に登録されます。

 

さらに、この制度はすべての貸金業者に対して指定信用情報機関への加盟を義務付けているため、必然的に利用者の信用情報は全貸金業者の間で共有されることになります。

 

そして、利用者から借入の申込を受けると、貸金業者は必ず指定信用情報機関に利用者の信用情報を照会するシステムになっているため、信用情報の中に「傷」があると、審査に通ることがありません。

 

加えて、貸金業法には「総量規制」の規定があるため、利用者の信用情報において、年収の3分の1の額の借入契約があった場合は貸出が拒否されます。

 

なお、指定信用情報機関には利用者の住所や電話番号、勤務先、職種、年収などの個人情報も登録されているため、別の業者に申込をする時に虚偽の内容を記載してもすぐに判明し、その時点で審査からオミットされます。

 

信用情報の保管期間はどれくらい?

指定信用情報機関にはJICC(日本信用情報機構)とCICの2つがあり、両機関の間で信用情報の取り扱いに若干の違いがありますが、保管期間に大きな差はありません。

 

・個人情報:氏名や住所、勤務先、本人確認書類の番号などの個人情報は契約の継続されている限り、消去されることがありません。

 

従って、すべての業者との契約を解除しない限り、個人情報は保管され続けます。なお、誤解されている面がありますが、カードローンのような極度額方式の包括契約の場合は借入金を完済しただけでは契約が解除されません。

 

包括契約というのは完済してもまた新たに借入が自由にできる契約だからです。契約を解除したい場合は正式な解除手続きが必要です。

 

・申込情報:知らない人の多いのがこの申込情報であり、そのために「申込ブラック」という事態が生じます。

 

カードローンに申し込むと申込日や申込商品の種類などが指定信用情報機関に登録されます。申込情報の登録は審査に通らなかったとか、審査に通っただけで借入はしていない、ということは関係ありません。

 

申し込んだという事実だけで登録されます。そして、申込情報は申込日から6ケ月間保管されます。従って、この期間内に立て続けに何件ものカードローンに申し込むと、申込ブラックと言って申込自体に不信感を抱かれるため審査を受けられなくなります。

 

・事故情報:俗に言う「ブラックリスト」のことであり、延滞や債務整理のことです。延滞というのは返済期日までに約定の返済金を支払わなかったことですが、1回滞納したくらいですぐにブラックリストとして登録されることはなく、通常では3ケ月間続くと返済事故扱いになります。

 

延滞の場合は延滞が続いている限りその記録が消えることは無く、延滞が解消すると、解消日の1年後に記録が消去されます。

 

一方、債務整理というのは借入金や利息の返済を免除したり、金額を削減したりすることです。債務整理の場合は債務整理の発生した日から5年間が保管期間になります。

 

なお、事故情報には他にも、利用者の滞納に起因する保証会社の保証業務の履行や、利用者の契約違反などを起因とする強制解約などがあります。

 

当然、指定信用情報機関に事故情報の記録が残っている間はその利用者は一切の借入が不能となります。

 

また、指定信用情報機関と銀行業界の信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター)は事故情報の相互交流を図っているため、消費者金融で借入のできない人が銀行から借入ができるということはありえません。

 

信用情報については、直接借入しているカードローン会社へ問い合わすのも一つの方法です。消費者金融であれば自動契約機などの無人店舗でも受付が可能となっています。プロミスなら名古屋周辺に多くの自動契約機がありますので、近い人は行って問い合わせした方が詳しく教えてくれるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ